herbal capsules with mint leaves

専門医療機関で受診

the capsules

日常生活や一般社会での労働が困難となってしまう双極性障害ですが、その治療にはきちんと双極性障害の治療実績のある精神科や心療内科で受診を受けるようにしておきましょう。一般的には投薬治療や認知行動療法などが効果的とされています。その中でも投薬治療は症状に合わせて複数の薬を処方する必要がありますので、双極性障害当事者それぞれの状態を綿密に診断したうえで医師との連携が必要となってきます。個人個人の双極性障害により、処方される薬も種類が変更されていくものとなっています。特にリチウムといった気分安定剤などは、用法用量を謝ると大きな健康被害を及ぼす事がありますので、必ず医師による適切な診断にて服用するようにしておきましょう。激しいうつ状態が発生する双極性障害ですので、追い詰められた状態により何でも良いので楽になろうと自暴自棄になってしまう事も珍しい話ではありません。だからこそ、衝動的なオーバードーズ(薬の過剰摂取)などで危険な状況に陥らないよう、身近な支援者との関わりによるサポートを大切にしておくようにしておきましょう。そしてできる事から日常生活で幸福感を感じれるように価値観など少しずつ見直していく事も効果的です。そういったアプローチを「認知行動療法」と言い、こちらも双極性障害治療においては効果のあるやり方とされているのです。日常生活も一般社会での労働も、過酷な精神状態で生活していく事となる双極性障害ですが、どうか最後まで粘り強く、少しでも症状を改善できる信頼の医療機関へ通うようにして下さい。

診断されたら手帳取得

the drugs

精神障害者手帳をご存知でしょうか?双極性障害など、特定の精神障害や精神疾患が医師により診断されれば、生活に有利な制度が利用できるようになる障害者手帳を取得できる権利が生まれます。

「客観性」への訓練

different types of drugs

認知行動療法は双極性障害当事者に限らず、うつなどの精神疾患にも有効な治療手段です。精神疾患を持っていない人でも心を整理する方法として効果がありますので、調べてみると良いでしょう。

集中できる好きな趣味

many pills

自暴自棄に陥りやすい双極性障害ですので、効果的に現実逃避ができる趣味などを持っておくのも良いでしょう。現実から一時的に思考を話す事で、精神の疲労は緩和される事があります。